ゆったり楽しい船の旅
               

NEWS

牛深港から鹿児島市街へ行ってみた!

今回は、天草牛深から鹿児島へ行ってみました。

行ってみた!牛深港から鹿児島市街へ約2時間20分の旅!

南九州西回り自動車道を積極的に使います

牛深港から蔵之元港まで約30分の船旅後、下船して長島を通り抜け南九州西回り自動車道阿久根北ICに乗ります。現在は1区間で阿久根ICで下ります。

南九州西回り自動車道が全線開通すると鹿児島までまた鹿児島からのアクセスが短縮されます。

それでもこの1区間が解放されているだけで阿久根の信号機が多い街中を回避することができます。阿久根に用事があるときは別として交通渋滞も避けられますし、非常に助かっています。

阿久根ICを下りて阿久根東郷線・北薩オレンジロードと進み、鹿児島・薩摩川内へ。

道の駅 阿久根

海側沿いに「道の駅 阿久根」があります。休憩をとられる方が多いです。海に面した立地で食堂では海を眺めながら食事ができます。ちなみに食券になっています。

ジュースの自動販売機が派手でした。

西方のジャングル温泉

途中の西方では、海水浴場があり、そこはすでに温泉の匂いがしています。ここの山側には川内高城という温泉があります。私も幼いころ祖母たちについて行ってました。

1~2週間ほど泊まり、食事は自分たちで作るために部屋に小さな炊事場があります。いわゆる湯治場です。懐かしさに駆られ、どんな場所だったか見に行ってきました。

当時は「西方のジャングル温泉」と言っていましたが、「ジャングル温泉 ホテル マル善」とありました。周りにはいくつもの温泉旅館があります。

幼いころは、国道から入って温泉に着くまでの時間が長く感じたのですが、もちろん現在はいくらか整備されて温泉街の入り口までは広い道になっていてさほど時間はかかりませんでした。

海側からこんな山奥に温泉旅館があるなどとは想像ができない感じです。奥にはお土産屋さんなどがあり、もちろん、老朽化して建て替えたところもあるのでしょうが、私が覚えている限り、ほとんど変わってないような気がします。

さて、話をもとに戻します。

再び薩摩川内水引ICに乗ります

薩摩川内水引ICで再び高速に乗ります。ここで高速道路に乗ったら下りることなく鹿児島市街まで行くことになります。現在は、美山と松元に料金所があります。

途中、天気が良いときは高速からも桜島が見えるときがあります。

「鹿児島市街」の看板を見落とさない!

カーナビの案内が分かりづらく、何度か間違ったICで下りてしまいました。

松元料金所を過ぎてからは特に「鹿児島市街」の看板を見落とさないようにしていけば、当然ですがたどり着くことができます。

私は基本的に2車線であれば左側を走行するのですが、田上ICとの合流場所では、右側を走行しています。比較的入ってくる車が多いのが理由です。

そこからすぐにトンネルになりますが、トンネル内は基本的に田上ICから流入もあってそのまま左車線にいる車が多く混みやすいです。

観光地や大学にも近くて便利

トンネルを抜けると「鹿児島市街」です。ここから鶴丸城・御楼門や照国神社、鹿児島中央駅、鹿児島大学や志學館大学・鹿児島女子短期大学など本当にすぐそばです。

お子さんを連れて行くのであれば、「いおワールド鹿児島水族館」や「平川動物園」などもいいですね。

私も子どもが小さいころは「いおワールド」に連れて行きました。ラッコがいたのですが、怖かったのでしょう、ドン引きでした。それも今ではいい思い出です。

平川動物園にはコアラがいます。小さな子どもが乗ることができる遊園地的な場所もあったと思います。子どもはこっちも喜びます。

鹿児島へ初めて行かれる方は、桜島の迫力に驚かれるはずです。何度行っても桜島が見える場所はいいですね。

城山公園展望台からはよくテレビで見る桜島を見ることができます。車を止めて少し山を登ることになりますので、そのつもりで行ってみてください。

城山公園展望台から望む桜島

牛深港から蔵之元港へフェリーで30分。蔵之元港から鹿児島市街へは、車で約1時間50分。休憩しながら行っても2時間弱で到着です。もちろん交通状況で遅れることもあるかもしれませんので、余裕をもって行かれるといいと思います。

トップへ戻る